20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

20代や30代で海外就職や海外駐在員を目指されてる方も多いと思いますが、キャリアアップを目指すのであればできるだけ早い段階で海外勤務の経験があれば今後のキャリアでも有利と言えます。

しかしながら、海外で働きたいと思っても自分の働いている会社で海外事業を行っていないことも多いでしょう。海外駐在員といっても実際は狭き門になりますが、海外駐在員を目指す前に最低限の情報や知識を身につけておきたいものです。

今回は、海外駐在員になるための条件やメリット、今後のキャリアアップについてをご紹介させていただきます。



20代で海外駐在員になるための条件とは?

一般的に、海外駐在員になれる英語力の目安は、TOEIC700点ぐらいだと言われています。ただ、TOEICは会話力をはかるテストではないので、TOEICのスコアが高くても、英語が話せない人はいくらでもいます。英語圏でない国でも、英語がコミュニケーションの鍵になりますので、海外に駐在したいと考えるのであれば、自主的に英語を勉強することをお勧めします。

会社によっては社内での語学レッスンなどがありますが、やる気があるのであれば、自費で英会話スクールへ通うことも考えるほうが、自己投資している分、やる気も違がってきます。特に英語圏では、英語が話せないというだけで、敬意を払われないことも多々あります。

駐在員の体験談によると、日本本社の重役が駐在されていたが、ほとんど英語が話せなかったため、現地スタッフは、表向きは本社の重役であるということで丁寧な対応をしていましたが、裏では全く尊敬を払っているとはいえない状況で、正直なところ、馬鹿にされていた部分もあるという話もあります。

英語以外にも、海外駐在員になれる条件として挙げられるのは、仕事を自主的に行うことができる人間であることが大事です。海外駐在員は、海外支店では管理職となるのが普通ですので、指示を待って仕事をするタイプの人では、海外で現地人スタッフに指示をし、管理をすることができません。自分で考え、自分で行動し、自分から指示を出すことができる方が海外駐在に向いています。

英語圏であれば、現地スタッフに指示を出すのは、英語になりますから、少なくとも英語力は必要になってきますが、たとえ流暢な英語でなくても、思い切って英語で発言できるかどうか、が大事です。日本人は、文法とか発音とかを気にしすぎますが、単語をつなげるだけでもいい、英語で発言することが大事です。

海外駐在員は家族のサポートが必要

これは、会社によって違いますが、自分から希望する場合と、会社が決定する場合があります。自分で希望する場合は、人事部に希望を出すのが良いかもしれません。海外に駐在したいという希望がある方は、社内で自己アピールをしっかりとするのも必要だと思います。

会社が決定する場合は、体験談の多くは、独身者よりも家族のある方、しかも家族が海外転勤に一緒に行ける方、というのが大きなポイントだということです。これは、海外での勤務というのは相当なストレスを伴うものであり、家族のサポートが大きな鍵になってくるからです。

独身の方がフリーで動きやすいというイメージもあるようですが、会社が選ぶ人材としては、既婚者の方が選ばれやすいという傾向が多いのも事実です。

海外駐在員はうつ病になりやすい?

体験談によると、家族の同意を得られないまま、単身で赴任される方の中には、ストレスのためにうつ病に罹ってしまい、帰国を余儀なくされたという例もあります。

また単身者の方の中には、海外駐在員になったものの、現地の生活が孤独で鬱になってしまうという話もあります。家族のサポートはやはり大きいと言えるのではないでしょうか。

自分で見つけるのは難しい!転職エージェントを上手に利用する

海外勤務を前提とした雇用の場合、語学力があり行動力もあるという方は、海外拠点を持つ企業などで、海外勤務を前提とした募集をしている会社をさがすのも1つの手であると思います。

ただし、こういう求人は競争率が高いので、自分の語学力のスキルアップは必須です。一般的な求人に応募するのも1つの手ですが、むしろ、転職エージェントに依頼するほうがより確実です。転職エージェントは年収の交渉もしてくれますので、日本人は自分ではなかなか言い出せないお金の話をすることが不要になり、また、成功率も高いと思います。

20代・30代の海外就職に強いオランダ発のランスタッド、国内では非公開案件No1の リクルートエージェント、40代の年収650万円以上の方であれば、リクルートが運営するキャリアカバーなどのハイクラスのエージェントもあるので、自分のキャリアにあったエージェントに相談してみるのも良いでしょう。

また、案件数は少ないものの、大手企業のグローバル案件も取り扱いがある、type転職エージェントは、1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の案件を中心のため、サポートが丁寧との定評があり、海外勤務や外資系企業への転職も期待できます。

海外駐在員のメリットとは?

メリットとしては、かなりのものが支給されるということです。現地での住居、車はもちろんですが、家族と一緒の場合は、家族のための様々なケアが行われます。子供の現地日本人学校の費用負担、家族用の車の支給、家族のための英語のサポートなどです。それに加え、給与面では、海外勤務手当て、家族手当てなどがあり、会社によっては赴任先の税金も負担してくれます。

アメリカ駐在の場合、アメリカの所得税は日本と比べてかなり高く、給与の30%以上は税金に取られてしまうため、日本で支給されている給与にその分を上乗せする形で、税金を負担する企業もあります。アメリカでは、生活物資には消費税がかからないため、生活費の面では日本と比べて安くなることもあり、住居も車も支給されているわけですから、日本で勤務していたときよりも結果的に収入が増えるということにもなります。

アジア圏内の駐在の場合は、住居や車のほか、メイドも会社負担で雇われ、家事の苦労がなく、とても快適に暮らすことができるメリットがあります。アジア諸国に駐在する駐在員には会社負担でメイドが雇用されることもメリットの一つと言えそうです。

海外駐在員の経験は転職に有利なのか

海外での経験がある人は、外資系企業などへの転職には有利だと考えます。海外駐在員経験のある採用担当者によると、海外勤務を経験している人は、それなりに会社に評価され、実力もあり、自主性もあり、タフであるとみなし、ポイントは高くつける傾向があります。

グローバルな経験をしているということは、それだけ高いスキルがあると思われます。我の強い外国人を指導し、支持し、まとめてきたという統率力、異なる文化の中で生活を抱えながら仕事をしてきたという心の強さ、そして語学力、それが評価の対象となり、転職には有利だと考えます。

20代で海外勤務を経験し、特に女性の場合はその職歴は高く評価され、転職は思った以上にスムーズになり、年収も200万円単位でアップするケースもあります。海外勤務を希望される方は、ぜひとも、海外で自分の視野を広げ、多くのことを経験し、その経験を生かして次なるステップへと進んで欲しいと思います。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系転職体験談!外資系は女性でも働きやすいメリハリのある環境

  2. 海外の勤務で感じた海外就職のデメリット体験談!海外で働くことについて考えよう!

  3. アメリカの就労ビザの種類や難易度は?海外就職を考える前にチェック!

  4. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  5. 海外就職で大失敗!?海外就職経験者10人が語る海外での失敗談とは?

  6. 海外において主要な7部門のマネージャー業務と仕事内容について

  7. 海外駐在員は出世しやすい?海外就職における現地採用と駐在員の仕事の違いについて

  8. タイ現地採用の現実とは?経験者が語るメリットとデメリット|タイで働く現地採用体験ブログ vol.6

  9. 海外就職における給与額が高い&働きやすい国ランキング

最近の記事

おすすめ記事

  1. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  2. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP