• 最終更新日: 2020.02.13

  • 職種別

海外で美容師として働くには?海外における美容師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

手に職を持っていると言うのは自身にとって強力な武器になるため、美容師は調理師同様国内外で引く手あまたです。加えて日本のカルチャーが世界的に高く評価を受けていることもあり、海外での就職も可能な職種に挙げられます。

「外国人がとらえる日本の魅力」をクールジャパンとご存じの通り、表現されていますが、美容関連のジャンルも当然含まれます。そこで、そんな魅力的な職業である美容師の待遇と海外で働くためのポイント等について、以下ご紹介致します。



海外における美容師の需要

日本人が多く住む海外では、美容師の需要がほぼ確実にあると言っていいでしょう。特に台湾やタイをはじめとした東南アジア、オセアニアのように日本女性が多く暮らす地域や国では、日本人の美容師が活躍をしています。

海外における美容師の平均年収について

イギリスの美容師の年収は、マネージャークラスで300万円を少し超える程度なので、ドイツとそれほど変わりません。ヨーロッパでは語学習得や現地の文化に触れることが楽しみとなってきて、個人で直接お店にコンタクトを取るよりも求人サイトや転職エージェントを活用してみてください。

また、お金を稼ぐとなるとアメリカやシンガポールになります。東南アジアのタイだと日本円換算にして月収14~21万円円が相場ですが、物価が日本の半分以下なので、生活はタイトではありません。

日本人の美容師の平均年収は、一般のサラリーマンよりやや下回るようですが、手に職があるのは心強いです。そこで、海外での就職をと想定した場合に、以下、アメリカにオーストラリアやドイツ、シンガポールと言った日本人に人気の国の平均年収についてご紹介致します。

日本:284万円

美容師の平均年収は、参照サイトによると、284万円*ということですが、インターンを含めた数字になります。男性美容師の年収が307万円で、女性だと270万円とのことですが、独身の場合は家賃や住居の補助のケースもあります。*参照サイト

47都道府県で最も高いのが東京都の397.6万円、次に340.8万円の大阪府になります。地方ベースだと給与こそやや低いものの大都市圏と違って、初期費用がそれほど掛からないので、独立志向の人にはおすすめです。

北米エリア(アメリカ):約330万円 (2019年)

アメリカの美容師の平均年収は、約3万USドル*と言われています。2020(令和2)年の1月27日現在のレートによると、1USドルが約109円なので、330万円相当になります。こちらの金額は、2019(令和元)年10月1日現在の在留邦人数都市別ランキング世界第1位のロサンゼルス都市圏を参考にしたものです。*参照サイト

地方都市に行くと給料はやや下がりますが、一般的に高級サロンだと1日日本円換算にして数十万円稼ぐ人も中にはいるようです。夢の国・アメリカンドリームならでは、チャンスと実力次第、高収入に恵まれることもあります。

オセアニアエリア(オーストラリア):約350万円(2019年)

オーストラリア美容師の平均年収が約$47,692*と言われ、日本より高めになります。2020(令和2)年の1月27日現在のレートによると、1オーストラリア・ドルが約74円なので、約350万円になります。*参照サイト

熟練の部類のシニアクラスになると、日本円換算にしておおよそ450万円~750万円になるので、結構いいと言えます。シニアクラスの目安としては、就業7~10年ほどの経験者になりますので、20代後半ぐらいの人は該当するのではないでしょうか。

ヨーロッパエリア(ドイツ):約187万円~(2019年)

ドイツのヘアスタイリストの月収は、1,300ユーロ*と言われています。2020(令和2)年の1月27日現在のレートによると、1ユーロが約120円なので、月15万6千円ほどになります。年収にすると約187万円、インターンや旧東ドイツエリアを含みます。*参照サイト

約5千人の日本人が暮らすデュッセルドルフは、家族向けのアパートメントが月700ユーロほどで、食材は日本よりかなり安めです。下記のURLの求人案件では、日本円換算にして、月20万~30万と紹介されています。*参照サイト

アジアエリア(シンガポール):480万~600万円 (2018年)

2018年の国民一人当たりのGDPが日本の39,306ドルを上回る64,041ドルのシンガポールが、美容師の年収も中々いいようです。月収にして月日本円で40万~50万とのことで、年収にすると、480万~600万円になります。*参照サイト

固定給プラスインセンティブのケースも少なくなく、中には月70万~80円稼ぐ人もいるようです。年収900万円も夢ではないとの求人案件などもあります。*参照サイト

海外で美容師になるために必要な語学力や資格は?

日本と経済的に結び付きが深いドイツや韓国では、日本同様美容師として働くには、特定の免許が必要となってきます。一方で、欧州のイギリスやイタリアだけでなく日本人女性が多く暮らすオーストラリアでは、免許がなくても美容師の仕事が出来ます。

ここでは、海外で美容師になるために必要な語学力や資格についてご紹介致します。

海外で美容師になるために必要な語学力

海外の美容師の求人案件で、日本人が多く暮らすエリアであれば、語学力不問のケースも中にはあるでしょう。ただ、現地で生活する上にオーナーやスタッフとのやり取りもあるので、最低限必要な語学力習得のために、短期の語学留学も視野に入れるのも悪くありません。

専門用語もなるべく早くマスターして、積極的にスタッフや現地でお友達になった人達と会話をしてみてください。シンガポールのように固定給プラス実績給になっているようなシステムのお店もあるので、レベル的には、出来れば英語を使って普通にコミュニケーションが取れるといいでしょう。

台湾では中国語、タイではタイ語のように現地の公用語が必要な場合もあるので、詳細は就業先のお店か求人サイトの担当者に問い合わせてみましょう。

海外で美容師になるために必要な資格

国よって美容師資格の取得条件は全くとなりますので、事前に働いてみたい国や地域とお店を調べてみてください。台湾のお店のように日本の美容師の資格がそのまま活かされる場合もあります。

アメリカでは、以下のような方法でライセンス取得が可能ですが、

  1. カレッジでライセンス取得
  2. 専門学校でライセンス取得
  3. 美容専門エージェントのバックアップでライセンス取得

日本で美容師免許がなければ、以下の1か2の方法、すでに美容師免許を持っているのであれば3のような方法も有ります。

カナダは、ヘアスタイリストと理容師と言う資格があり、州によって協会が試験を扱うところもあるもののすべて国家試験になります。フランスで外国人が美容師として働くには、職業免許の取得が必要で、国ごとに内容が全く異なります。

海外で美容師になるために必要な経験や向いている人の特徴は?

日本人女性に海外移住先で人気のカナダのバンクーバーでは、美容師歴が3年以上あれば、求人条件を満たす場合が少なくありません。必要な経験やスキルは、求人内容によって異なりますが、いずれにしても日本人の技術力は高く評価されています。

海外で美容師に必要なスキルや経験

美容専門学校やインターン等で一定のカリキュラムを修了して、国家試験をもつ日本人の美容師は、海外でも高い評価を受けています。また、髪質が日本人と異なることも少なくはないので、お客様に合わせた施術が出来る要素が求められるでしょう。現地のヘアスタイル事情に加え、日本のトレンドを簡単に説明出来るぐらいの語学力も身に付けておきたものです。

ほかの専門職も同様の傾向が見られますが、器用不器用はそれほど関係ないと言われています。場数と練習をこなせば上達するのが美容師の仕事なので、あきらめない精神力が備わっているといいでしょう。

なお、美容師イコールお洒落のイメージが外国でもほぼ同じなので、ファッション関連には、常にアンテナを張っておくと良さそうです。

海外勤務における美容師に向いている人の特徴

日本人の技術は確かに高く、同様に勤勉さも認められてはいますが、日本での美容師の技術が100%通じるほど甘くはないかもしれません。世界各国の大都市は国際都市なので、いろんな人種の人達がお客様になります。

固定概念を捨てることからまずははじめてみて、何よりも臨機応変な姿勢で臨むことが求められそうです。真摯な仕事ぶりが好評なのは間違いないでしょうが、その国や地域の話題を交えながらユーモアがあると、更にいいでしょう。

また、美容師は立ち仕事になるので、体力はないよりあるに越したことがありません。総体的にくじけない気持ちと明るい性格に加え、やる気がある人が向いています。



海外の美容師就職事情と求人について

海外の美容師の求人の主なソースになるのが、求人サイトやフリーペーパーや日本人向けの現地のことを紹介している有料の日本語の新聞、または転職エージェントになります。

海外における美容師の現地採用について

求人サイトでの現地採用の求人が最も効果的と言えますが、フリーペーパーや日本語新聞を活用すると、一般的に面接後から採用までの期間がかなり短いです。また、直接お店を訪ねる、あるいは既に現地で暮らしている日本人から紹介してもらうと言うケースもあります。

現地採用になると、日本の本店採用よりも月収はやや低くなりますが、求人の量的には多そうです。日本と違って家賃や住居関連の補助は少ないかもしれませんが、念のために求められる語学力のレベルと福利厚生を確認してみてください。

海外における美容師の日系企業求人について

日本人の高い技術力ときめ細やかなサービスは外国でも人気があり、海外に進出する美容室も年々増加の傾向にあります。日本人のカップルを対象とした、ウェデイングドレスの着付けやブライダル関連を外国で展開しているところもあります。

転職エージェントの中には、美容師の求人案件を取り扱っているところも少数になりますが、美容師、または美容業界ということであれば、国内最大手の「リクルートエージェント」 グローバル展開をしている「ランスタッド」 は押さえておきたいところです。

最後に

クールジャパン、及びインバウンド分野に関して、政府は外国人材の受入れや就業の促進を推進しようと言う動きがあります。その中に美容師の国家資格を取得した外国人留学生に在留資格を認める法案が前向きに検討されています。

美容師は、今後外国と結び付きも深まる国際的な仕事になり得ようとしています。また、国内外で就職する以外にも各地で独立出来るので、やる気次第ではいろんなチャンスがある仕事と言えます。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外で留学エージェントとして働くには?海外における留学エージェントの平均年収や求められる資格や語学力…

  2. 海外でツアーガイドとして働くには?海外ツアーガイドの平均年収や求められる資格や語学力など就職事情につ…

  3. 海外でITエンジニアとして働くには?ITエンジニアの平均年収や求められる資格や語学力など就職事情につ…

  4. 海外でホテルスタッフとして働くには?海外におけるホテルスタッフの平均年収や求められる資格や語学力など…

  5. 海外で保育士・幼稚園教師として働くには?海外における保育士・幼稚園教師の平均年収や求められる資格や語…

  6. 海外で生産管理として働くには?海外における生産管理の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情につ…

  7. 海外で料理人や飲食業界で働くには?海外の料理人(飲食業界)の平均年収や求められる資格や語学力など就職…

  8. 海外で日本語教師として働くには?日本語教師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

  9. 海外で塾講師として働くには?海外における塾講師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

最近の記事

転職エージェント

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…

転職エージェントランキング

おすすめ記事

PAGE TOP