幼児教育に興味を持ち、カナダで保育士の資格を取得しその後、永住権も取得(40代女性・保育士)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、カナダにある現地企業の現地採用で海外就職された経験のある40代女性(保育士)の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

※この記事はプロモーションを含みます。




海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)

日本で地元の4年大学の法律学科を卒業しました。英語に触れ合う機会はほとんどありませんでしたし、あまり興味ありませんでした。新卒で、地元の企業で事務の仕事をしている時に、少し上の先輩がカナダにワーキングホリデーに行くので辞めるという話を聞いて、私も興味を持ちました。

その1年後、私も仕事を辞めて、カナダへワーキングホリデーで滞在。パートタイムの英語学校に行ったり、カナダ人経営のコーヒーショップで働いて英語を勉強しました。日本へ帰国後、地元の公的機関で英語翻訳の仕事をしました。

なぜ海外で働いてみたいと思いましたか?

カナダでワーキングホリデー中に、チャイルドマインディングのボランティアをして、幼児教育に興味を持ち、また学生ビザでカナダに帰って来ようと決めました。日本に帰る前に保育士のプログラムがある学校を自分で探して、見学に行ったり、カウンセラーの話を聞いたりして、学校を決めてから日本へ帰国しました。

そして、まずは日本へ帰って、働いてから授業料を貯め、またカナダへ。学校卒業した人にだけ出るワークビザがあるので、それを利用して実習で行った施設で臨時の保育士として、働き始めました。

海外での業務と給与面や福利厚生などの満足度について

現地の非営利団体で、保育士として3歳以下の子供たちを見ています。仕事はシフト制で週毎に働く時間帯が変わりますが、休憩1時間含めての7.5時間シフトなので実働6.5時間です。それに1時間のうちの30分は給料が出るので、7時間分もらえるので、あまりキツいとは感じません。

土日は必ずお休みで、1年目から有給が15日あるので、私はそれを利用して、毎年日本に3週間帰ります。4年目からは有給が20日に増えるので、休みに関しては全く不満がありません。また、雇用主から出る給料の他に、州政府から保育士に支払われる1時間につき、$6の手当があるので、給料も日本の保育士よりもかなりいいです。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度

学校を卒業した後に出るワークビザで働いていた時に、フルタイムで雇ってくれる雇用主を探して、そのビザが切れる前に雇用主から雇用証明書を書いてもらい、移民局に送りました。

そうすると、さらに2年間のワークビザが出たので、その間に永住権を申請する要件の、カナダの雇用主の元で2年間フルタイムで働いた経験を満たして、永住権を申請しました。その後、無事に移民となり、現在に至ります。公立のカレッジを卒業すればワークビザが簡単に取得できます。



海外で働いたメリットは?

こちらでは、サービス残業というものが存在しません。時間通りに帰れますし、保護者との関係も対等です。日本でいうモンスターペアレンツがいれば、違う保育園を探してくださいとなります。

労働者の権利が守られます。セクハラ、モラハラ等の行為は、即アウトで、した方が辞めさせられます。仕事後の自分の時間が多いし、ストレスも少ないです。全体的にのんびりしています。仕事量がこなせないほど多いことは無いです。もしそうだったら、仕事を減らすように仕事の量を変えるか、新しく人を雇用します。

海外で働いたデメリットは?

カナダで働いていると、のんびりしているので、責任感がないなあと思う人によく遭遇します。もう少しテキパキと仕事を進めてくれたらいいのになあ、と思ったりもします。特にお役所仕事は遅いです。

日本みたいに迅速な対応は、まずありません。気長に待つしかないです。忘れた頃に連絡があります。忘れられたり、失くされたりすることも、たまにあります。悪く言うと、いい加減です。でも、文句言う人はいません。みんな、待つのに慣れています。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

海外で就職をするには、まず英語力がないと難しいので、英語力をつけることです。今は円安なので、日本である程度、英語力をつけてから、現地の学校へ入学した方がいいかと思います。

北米の生活費は日本の倍くらいかかります。カレッジで1、2年で資格が取れるプログラムを取るのがオススメです。特にカナダは、カナダの公立カレッジを卒業すると、もれなくワークビザが付いてきますので、カナダで働こうと思ったら、カレッジに行くのがいいです。そして、ワークビザで働いている間に、永住権申請するとほぼ取れます。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

【PR】海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

Web面談可能、20代〜50代の外資系&グローバル転職のエンワールド

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの外資系・グローバル転職の人材紹介会社です。

現在は海外求人の取り扱いはないようですが、国内の有名外資系企業や日系グローバル企業の案件を保有しているので、将来的に海外勤務できる可能性があります。

Web面談も可能で、相談は全て無料。20代〜50代の転職支援を積極的に行なっているので、転職初心者からハイクラス案件を求めている方におすすめです。

エンワールド公式サイト

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。ハイキャリアだけでなく、年収400万円〜の求人も多数。エージェント登録前に履歴書や職務経歴書などを用意して、エージェント登録後は履歴書の登録をすることで、迅速に案件を紹介してもらえるようにしておきましょう。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外就職しやすいおすすめ職種12選!日本人が海外で働く方法とは?

  2. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】大学院博士課程を経てポスドクへ(30代女性・研究員)

  3. 大学在学中にネイリスト資格を取得し、卒業後にスイス移住(40代女性・ネイリスト)

  4. 【中国・上海海外就職体験談】半年間の海外勤務でスペシャリストとしての緊張感を実感(30代男性・開発)…

  5. 同僚の影響を受け、社内公募で海外駐在員としてマレーシアへ(20代男性・営業)

  6. 海外の勤務で感じた海外就職のデメリット体験談!海外で働くことについて考えよう!

  7. アメリカの大学卒業後、日系の就職エージェントを通して日系企業に就職(20代女性・貿易)

  8. 夫の仕事でシンガポールへ移住、使えるコネを使いスキルアップ(40代女性・事務)

  9. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】日本で一般事務経験後に、アメリカ留学を経て現地就職(30代…

最近の記事

転職エージェント

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「リク…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP
【PR】外資日系グローバル企業多数
【PR】外資日系グローバル企業多数