【中国・深セン海外就職体験談】大学中退後、留学を経て広東省で就職(40代男性・メーカー営業)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、中国・広東省シンセン市に海外就職された経験のある40代男性・メーカー営業、生産管理の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

大学進学後、個人の事情により2年で退学しました。退学後は、アルバイトをしながら自分の好きなことをして生計を立てていたのですが、それがきっかけで20歳の時にたまたま中国へ(非語学)留学をすることになりました。

それから5年ほど経過し、まだ日本でアルバイトをしていたのですが、年齢的にもこのままアルバイトで生活していくのは厳しいと感じるようになりました。と言いましても大学も中退し、社会人経験もなかったために、就職に何か役に立つのではないかとの考えも有り、中国へ語学留学をすることにしました。

海外就職のきっかけと、海外での仕事内容を教えて下さい。

25歳の時に上海に語学留学を1年した後、一度日本へ帰国しましたが、当時は就職するチャンスはやはり中国の方が圧倒的に多かったため、そのまま広東省へ行くことになりました。

当時はネットで求人の案件を検索しても広東省は特に案件が多く、就職も意外にあっさりとうまくいきました。若かったのもあるかと思いますが、当時はまったく行ったことのない場所へ就職するのに何の抵抗もありませんでした。当初は主に営業をメインで仕事をしていましたが、現在では営業や調達関係、工場管理などを行っています。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度は?

就労ビザ、いわゆるZビザで滞在しています。ビザに関しては中国は特に気まぐれで難易度も時と場合によって様々ですが、2006年頃最初に就職した際は簡単でした。

ただ、2008年北京オリンピックの年にたまたま転職し、ビザも切れていたので最申請したのですが、当時は何をどうやっても許可が下りず、結局10か月ぐらいかかってやっと申請が下りました。(その際は一度海外に出たり、短期ビザで滞在していました)

現在はもっと厳しくなっており、新規でビザを取得するには学歴や職歴・年齢なども条件の一つになっており、日本での無犯罪証明書なども必要となっています。ビザ更新は必要書類だけを就労中の会社で揃えて公安局へ提出すれば基本的には問題なく下りますので、就労ビザだけは切れないように注意しています。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

10年前ぐらいまでは一人暮らしで、7万円ぐらいで生活が可能でした。主に家賃3万円・生活費4万円ほどだったと思います。ただ、現在は食品でも価格が当時の2倍3倍になっており、家賃もほぼ倍ぐらいです。

  • 給料:30万円
  • 家賃:7万円
  • 食費:3万円
  • その他生活費:1万円
  • 光熱費・ネット:5000円
  • 子供関連:2万円
  • ローン:10万円
  • ベビーシッター:3万円(共働きの妻が半分負担(計6万円))

現在の私の給与・家賃・生活費は大よそ上記となります。(嫁・子供1人有り)

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

日常生活でも職場でも言葉の問題は特になく、生活習慣も慣れてしまっているので特に大変と思うことはなくなりましたが、1点だけどうしても慣れないのが病院関係です。

当然言葉の問題も多少はありますが、病院のシステムが日本とはまったく違うことや、プライバシーなどもほとんどなく、医者や看護婦からも物のように扱われることや、怒られるようなことも多々あり、よほどのことがなければこちらで病院には行きません。

また、歯医者も同様で、医療レベルは日本の方が圧倒的に高く、1年に1度帰国した際に必ず日本で行くようにしています。今では日本に帰国=ほぼ病院へ行くためになっています。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

中国・中国人は、日本人からの印象はあまりよくないかと思いますが、それはある程度当たっているかと思います。ただ、中国だけでなく、日本では海外に行くなら自己主張していかないと生きていけないとよく言われますが、これも本当にその通りで、私も中国に来てからはよく見知らぬ人とも喧嘩をするようになりました。

単純に割り込みをされたり、あからさまにボッタクリをされたりすることも未だにまだまだあります。日本にいた時は割かし人見知りで外ではしゃべらない方だったのですが、中国に来て、意見が言えるような性格に変わったと思います。すべて良い面ではありませんが、この点は少し中国に感謝している部分もあります。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

私は語学留学から入ったので言葉の問題はありませんでしたが、日本からの出向者や現地採用でも現地の言葉ができない人を何人も見てきましたが、やはり海外で就職するのであれば、現地の言葉は分かった方がいいかと思います。

英語ができればある程度は困らない国もあるかと思いますが、現地の言葉がしゃべれないと生活面や仕事面でも特定の人ととしか会話ができず、色々な不便があります。逆に私の立場からすると、現地の言葉ができないがために、簡単な問題でも何でも私を返してでしか仕事をできない人がおり、彼らに対する周りの目はやはり少し冷たいものがあります。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 【韓国海外就職体験談】貿易事務に携わり、一から国際物流を学び転職(30代女性・物流業)

  2. 未経験からタイの現地採用で海外就職!タイでの求人探しや面接体験談!

  3. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  4. 【イタリア海外就職体験談】広告デザイン会社を経てイタリアへ留学し飲食業界へ(30代女性・飲食店勤務)…

  5. 外資系メーカーの仕事とは?年収1200万円のキャリア女性のアドバイス

  6. 20代が海外で働くには何が必要?20代が海外で働くために準備しておくべきこと

  7. 婚期を逃しても海外駐在を選んだ理由とは?ベルギー駐在で気づいたワークライフバランス

  8. マレーシアでの海外就職体験談!コールセンターでのインターンシップを経て日系企業に就職

  9. 【シンガポール海外就職体験談】社内公募で大手料理教室の海外店舗勤務(30代女性・料理学校)

最近の記事

転職エージェント

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP