【インドネシア・バリ島海外就職体験談】海外で起業を夢に移住(30代女性・旅行会社勤務)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、インドネシア・バリ島に海外就職された30代女性・旅行会社勤務の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

ブライダル会社にてブライダルアテンダーをメインにゲストリレーションズとして働いていました。挙式日は新郎新婦の介添え、挙式進行、お客様のご案内、平日は新郎新婦向けや新規集客のための社内イベント(ドレスの試着会、内覧会など)、ロールプレイング、施行打ち合わせ、発注業務を行っていました。

その後、旅行会社へ転職をしました。旅行会社では海外旅行部に配属され、旅行予約の受付(Web申し込み、電話応対)航空券・ホテルの予約手配、ツアー企画やSEO対策のための記事作成、資料発送、顧客管理などの事務仕事をしていました。

海外就職のきっかけと、海外での仕事内容を教えて下さい。

元々、海外で起業することが自分の夢でしたが、将来に対する不安や日本を離れる決心がつかず、日本の会社で働いていました。旅行会社で勤務していた頃、海外へ1人で出張へ行く機会があり、初めて1人での海外経験でした。

その時、いつか海外でと思っているなら先に行動してしまった方が現地での経験や語学の勉強もできると思い、そこから半年間で移住をする準備を進めました。

現在は旅行会社で日本人向けにオプショナルツアー部門を立ち上げて、オプショナルツアー予約手配代行、お客様対応、ツアー企画をしておりますが、コロナの影響で外国人観光客が入国出来ず、約1年間は稼働しておりません。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度は?

移住当初は語学勉強のためソシアルブダヤビザを取得して、インドネシアの大学(インドネシア語学科)へ通っていました。その後、旅行会社にて就労ビザと一時滞在許可証を取得して、毎年更新しています。

ビザ取得についてはビザ取得代行エージェントを通して、インドネシア側と日本側で必要な手続きを行ってくれましたので自分自身では英文経歴書は作成しましたが、基本的にはエージェントに指示された必要書類の準備をしただけでした。申請してからビザがおりるまでは約2ヵ月ほどかかりました。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

家賃(一軒家・プール付き)7万円、光熱費(電気、ガス、プールの管理費)3万円ほどです。水道代は住むエリアにもよりますが、井戸水なのでかかりません。

食費・生活費は6万円、家賃は3万円~出すとシャワー(給湯器付き)、キッチン、家具付きで綺麗なアパートに住めます。ローカル向けのアパートですと1万円せずに借りられますが、シャワーはなく、トイレも汲み置き式タイプになります。

食費は日本食を自炊しようとすると日本の調味料が高いので、外食の方が安いです。ワルン(食堂)では1食300円前後、屋台などは100円~200円前後です。日本食レストランや観光客向けのレストランは1000円以上はしますし、お酒が輸入になるのでお酒代がとても高いです。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

医療費が高いので、早めに病院へ行って診察や検査を受けることがなくなり、よっぽどの体調不良が続くか、緊急時以外は病院へ行かないので健康面では不安です。

生活面では、停電や断水が突然起こるので、インターネットが繋がらなくなることやトイレが流れなくなってしまうことはあります。雨季には雨風がひどく、道路が洪水状態になってしまったり、家の中に雨漏りや水が入ってきてしまい、床が浸水状態になることもあります。

ネズミや蛙なども部屋の中に入ってくることがあったり、日本の生活環境では起こらないことが多々あるので、慣れるまではどう対応していいかわからず大変でした。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

語学ができないと自分の伝えたいことがうまく伝えられず、もどかしさや悔しさを感じることもありますが、一生懸命相手に伝えようとすることで、コミュニケーション力がつくと思いました。

また日常で時間に追われて苛々することや、人間関係でのストレスは減りました。何か起きても焦らず、笑顔でいる方が多いので自分の器の小ささに気づけたこと、些細な事では慌てなくなったこと、その国の文化や見たことのない景色や自分の知らない世界を経験することで視野が広がり価値観が変わったことは良かったと思います。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

人間関係や周りの環境も全て変わるので不安はあると思いますが、もし海外を視野に入れて考えているのであれば、まずは挑戦してみるといいと思います。日本という国を客観的に見れるようになるので、日本の良いとこ・悪いとこも改めて気づくことが出来たり、自分自身の価値観が変わると思います。

海外旅行とは違うので生活に合う合わないなどは生活をしてみないとわからないですし、自分自身のことも新たな発見が出来て、より自分を知るきっかけになるのではないかと思います。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外において主要な7部門のマネージャー業務と仕事内容について

  2. 【メキシコ海外就職体験談】公務員から一大決心でメキシコ移住(30代女性・旅行業)

  3. 外資系転職体験談!外資系は女性でも働きやすいメリハリのある環境

  4. 就活生必見!海外で働きたい理由とは?海外就職経験者が語る「海外で働く」志望動機

  5. 外資系企業の転職体験談アンケート!採用面接官が見ている能力は?その真意とは?

  6. 【ニュージーランド海外就職体験談】持ち前の行動力で念願のカフェ勤務(20代女性・カフェスタッフ)

  7. 【フィリピン・セブ海外就職体験談】(40代女性・ダイビングショップスタッフ)

  8. 【アメリカ・ニューヨーク海外就職体験談】奇跡的に永住権を取得し、ワークライフバランスも充実(30代女…

  9. 【インドネシア海外就職体験談】グローバルに通用する人材になるために(40代男性・エンジニア)

最近の記事

転職エージェント

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP