【フィリピン・セブ海外就職体験談】(40代女性・ダイビングショップスタッフ)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、フィリピン・セブに海外就職された経験のある40代女性・ダイビングショップ勤務の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

体育系4年生大学在学中にダイビングのライセンスを取得。卒業後、地元のケーブルテレビで4年番組制作のスタッフとして働きました。

その後、スポーツクラブでスイミングインストラクターとして勤務。スポーツクラブで働いているときに旅行でセブ島にダイビングをしに何度か渡航し、長期休暇をとって留学しました。その際、ダイビングショップで働かないかという誘いがあり、帰国後、スポーツクラブを退社し、セブ島にいき、ダイビングショップに就職することになりました。

海外就職のきっかけと、海外での仕事内容を教えて下さい。

観光客でセブ島にダイビング旅行をしているときからそのダイビングショップを利用していました。留学という長期で滞在中に、働くことがきまりました。

仕事は、ダイビングのアシスタント、日本人のお客様への営業、管理、マネージメントを中心に行っていました。ダイビングのツアーはもちろん、観光のご案内、遠征の際の引率、通訳など、お客様のサポート全般を行っていました。事務的な管理も行っており、現場というよりは事務的な仕事が多いです。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度は?

ビザは労働ビザを取得しています。取得するためには、会社で雇われているブックキーパーと呼ばれる会計士ができる場合はその人に依頼しするか、できない場合はエージェント、もしくは弁護士に頼んで取得する方法があると思います。

私は弁護士に頼んで取得してもらいました。一度取得すれば難しくないですが、新規は務める会社の規模によって難易度は変わってくると思います。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

物価は安いものは安いですが、生活雑貨(シャンプーや洗剤など)のものはあまり安いというわけではありません。

家賃は安いところは1万円以下という安さですが、安全や衛生面を考えて私は1ベットルームで25000円ぐらいの部屋を借りています。光熱費はエアコンを使ってしまうと高くなるので、エアコンを使わずの生活で光熱費は5000円ほどです。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

海外に来て不安に感じたことは健康面や、病院にかかる際の医療費です。もちろん大きなきれいな病院はありますし、総合病院にいけば日本語で対応してくれるサービスもあります。

先入観かもしれませんが、医療に不安を感じてしまって日本のように気楽にはいけないことが不安です。英語がペラペラという方にとっては生活面にとっては不安は少ないと思います。私はペラペラではないので、多少、まだ不安を感じることもあります。いざというときに現地の言葉が喋れるほうが安心だと思います。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

日本と違って時間に対してシビアではなく、日本人と違って言いたいことを言ってくる性格の人ばかりです。英語で話す分、遠回しの言い方ができず、ストレートに言いたいことを言える環境です。

自己肯定型の人も多く、あまり周りの人のことをどうこう思う人も少ないので、細かいことを気にしないで生活も仕事もできるところが良いところだと思います。海外で働くことで、日本の良さも再確認できた自分もいて、それは本当に良かったと思います。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

海外で仕事をしているとすごいと言われることが多いです。私は勢いで海外に来てしまってそのまま働いていますが、色々考えてしまうと不安や心配ばかりが出て働くことをやめてしまうと思います。

まずは一度チャレンジしてみるという気持ちで行ってやってみることが一番良いと思います。言葉は?と思いますが、もちろん基礎的な英語は必要だと思います。本当に基本的なことが分かり、間違えることを恥ずかしいと思わずどんどん話していくうちに、生活するには困らない程度の英語は身に付きます。ぜひ怖がらずに世界に飛び出してみてください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外駐在や海外赴任のチャンスを掴むには?語学力以外に求められる能力とは?

  2. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  3. 40代が海外で働くには?40代で海外勤務の求人や転職事情について

  4. 外資系転職体験談!外資系は女性でも働きやすいメリハリのある環境

  5. 外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

  6. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】大学院博士課程を経てポスドクへ(30代女性・研究員)

  7. 商社勤務からオーストラリアへ移住し現地採用、年収ダウンでも得たものとは?

  8. タイ現地採用の求人について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.1

  9. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

最近の記事

転職エージェント

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  3. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP